性病を防ぐ正しいコンドームの使い方

最近性病が流行しているとのニュースが流れました。これはデリヘルに限った事ではありません。安心してデリヘルを楽しむ為にも予防方法をきちんと勉強しましょう。

デリヘル遊び方まとめ サイトマップ

デリヘルPICKUP!

風俗Q&Aドットコム

風俗業界で性病が流行り始めている?/性病を防ぐ正しいコンドームの使い方

最近風俗界隈で性病が流行しているというニュースが流れました。
その背景にはマナーの悪い客やインバウンド客の増加などと言われていますが、そもそもきちんとした性病予防の知識がない人が多いのではないかと思います。

性病は治療すれば完治するものもあれば、完治せず一生治療を続けなくてはならないものもあります。
まさか自分が性病になんてならないだろうと謎の自信を持っている人が少なくありません。今から性病になります!と予告があることなんてありえません。知らない内にいつの間にか予期せぬタイミングでなるものです。

デリヘル遊びをする、しないにかかわらず、全ての人がきちんとした性病の知識とそれを予防する方法を知っておく必要があるのです。
特に安全にデリヘル遊びがしたいのであれば必ず知っておかねばならないでしょう。

コンドームを付ければ大丈夫ではない/性病を防ぐ正しいコンドームの使い方

性病予防で真っ先に思いつくのはコンドームではないでしょうか。コンドームを付けていれば大丈夫!と思っている人も多いでしょうけれど、本当に有効な使い方をしていますか?
正しい知識がない状態ではいくらコンドームを付けていたとしても性病の予防として効果がない可能性もあります。

さてコンドームはどのタイミングで付けていますか?
デリヘル遊びの際は手コキやフェラチオでコンドームを付けずに射精までしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。 もしもコンドームを付けずにプレイをしているとしたら性病に感染する可能性はかなり高いと言えます。
デリヘルは挿入は出来ませんが、挿入せずとも性病に感染することは十分にあります。

感染の大きな原因の一つとなるのがフェラチオです。性病は口内の粘膜によって感染する可能性も挿入による感染と同じくらいあります。
性病の客のペニスを生フェラをすることによってデリヘル嬢の喉に感染し、別の客へと感染するという風に媒介されてしまいます。これをピンポン感染と言います。
デリヘル嬢から性病を移された!と憤る人もいますが、元々は客が媒介しているという可能性の方が高いのです。

性病予防の為の正しいコンドームの使い方/性病を防ぐ正しいコンドームの使い方

性病感染を防ぎ安心してデリヘル遊びを楽しみたいのであればプレイは必ずコンドーム着用をお勧めします。
確実なのは勃起したらコンドームを付けること。生フェラはしない。信頼できるデリヘル嬢以外にはフェラはお願いしない、などの自衛が有効です。
コンドームを付ける際には破れていないかのチェックも。正しく付けないとプレイ中に破れてしまうこともあります。
正しくつける自信がない場合にはデリヘル嬢に付けてもらってください。

コンドームを付けていると感覚が鈍ってあまり気持ち良くないという人もいますが、それはそういう気がするだけです。
今のコンドームは大変薄くなっており、まるで付けていないような感触を楽しむことが出来るように出来ています。科学的にも0.02mmの膜の差を感じるほどペニスの感覚は鋭くないそうです。
要するにコンドームを付けていると気持ち良くないというのは気のせいということのようです。

気になる場合は早めの性病検査へ/性病を防ぐ正しいコンドームの使い方

デリヘル嬢は職業柄定期的に検査を受けています。性病の感染が発覚した段階で店を休み治療をし完治してからまた働き始めています。
つまり性病は外から客が持ってきていることが非常に多いということです。
デリヘル嬢くらい定期的な検査に行けとは言いませんがせめて異常を感じたら病院に行きましょう。

もしも性病かもと気になった場合にはすぐに病院へ行きましょう。
早い段階であれば飲み薬など簡単な治療で治る病気も多いです。時間が経つほど治療が難しく、完治まで時間が掛かるようになります。