デリヘル嬢へのチップの渡し方

デリヘル嬢に感謝の気持ちを伝えたいと思うのであればチップを渡してみてはどうでしょう。チップはいくら渡す?いつ渡す?などデリヘル嬢へのチップの上手な渡し方を掲載しています。

デリヘル遊び方まとめ サイトマップ

デリヘルPICKUP!

風俗Q&Aドットコム

デリヘル嬢へのチップは必要か?/デリヘル嬢へのチップの渡し方

何かサービスを受けた際に感謝の気持ちとしてチップを渡す。海外ではチップの文化、習慣が根付いていることもありごく一般的なことです。
しかし現代の日本ではチップを渡すということはほぼありません。昔は旅館などに泊まった際に仲居さんにチップを渡すということもありましたが。
元々は日本でもチップを渡す習慣が多少なりともありました。しかし現在はほとんどなくなってしまっています。

ということはデリヘル嬢へのチップも必要ないんじゃないの?と思いますよね。 確かに実際は必要ありません。必須でもないし義務もありません。
ただデリヘル嬢は体力的にも精神的にも大変な仕事です。仕事を応援するという意味でいくらかのチップを渡すというのは粋な遊び方だと思います。

ぶっちゃけて言えばデリヘル嬢はお金の為に働いているのですから、チップはいくら貰って困るものではありません
お気にのデリヘル嬢へ何か差し入れをと考えているなら、物ではなくお金(チップ)という選択肢もありですよ。

チップを渡すタイミング/デリヘル嬢へのチップの渡し方

チップを渡すことに慣れていないので渡すタイミングが分からないと悩んでいませんか?

基本的にチップはサービスに対しての感謝の気持ちなので、サービスの最後に渡します。 デリヘルの場合はプレイ後のシャワーが終わった後なんかがベストだと思います。
「今日はありがとう、楽しかったよ。」などの一言を添えると印象がグッと良くなるのではないでしょうか。

金額が大きい場合には財布から直接よりも、可愛い封筒に入れて渡すのがお勧めです。
貰った方はわざわざ用意してくれたんだと思うので、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

金額別、上手なチップの渡し方/デリヘル嬢へのチップの渡し方

デリヘル嬢にチップを渡す時はいくらくらい渡せばいいのかというと、どんなに安くても1,000円以上は必要だと思います。
コインよりもお札を渡す方がスマートでカッコイイものです。チップに上限はありません。

渡すときはデリヘル嬢が受け取りやすくなるような声かけもあると良いですね。
1,000円〜5,000円くらいの時は「少ないけど、タクシー代の足しにしてね」など少なくてごめんねという気持ちで。
チップはいくらでも嬉しいものですが、やはり贅沢を言えば高額な方が嬉しいに決まっています。

10,000円を超えるチップはお気にの嬢の誕生日など特別な相手、特別な時に渡してみてはどうでしょうか?
デリヘル嬢に限らず女性の欲しいものというのは高額な場合が多いです。特に誕生日に欲しいものは10,000円では全然足りません。
例えば10,000円渡して「これで欲しいもの買いなよ」と言った所で足りねーよ!というのが本心です。決して簡単に渡せる金額でないことも確かです。
「お誕生日おめでとう。プレゼント何がいいか分からなかったから、欲しいもの買う時の足しにしてね」というように言うと上手く渡す事が出来るのではないでしょうか。

チップの見返りは期待しない/デリヘル嬢へのチップの渡し方

チップはあくまでもこちらからの感謝の気持ちです。
「丁寧なサービスありがとう」「プレイ気持ち良かったよ」「これからもよろしくね」「頑張ってね」などの気持ちを込めたものです。

チップを渡したからといってデリヘル嬢に見返りを期待するのはNGです。
ルールを守らない遊び方をする人の中にはチップを渡す見返りに本番を求める人もいるようですが、決してそのようなことはしないように。本番がしたいならデリヘルではなくソープに行きましょう。

きちんとルール内で遊んで更にチップで感謝の気持ちを伝えてくれる客であればいつでも心のこもったサービスを受けることが出来るでしょう。
デリヘル嬢と楽しい時間を過ごせることこそが最大の見返りだと思いますよ。